痛風と食品のプリン体

痛風と食品のプリン体の関係

痛風と食品に含まれるプリン体

痛風を引き起こす原因であると考えられているプリン体は、どのような食品に含まれているのでしょうか?ビールに多く含まれていることがよく知られているが、実際のところ、細胞の核を構成する物質として、すべての細胞内にあるため、肉や魚、穀物など、ほとんどの食品に含まれています。食品などから取り込まれるのは、体内に存在するプリン体の20%ほどに過ぎず、残りの80%は細胞の代謝や運動によって自己産生されたものです。

↑PAGE TOP